実は難しいお葬式

世間は、新型コロナウイルスの話題で持ちきりです。

手洗いや、うがいに加え睡眠もしっかり取りこの新型コロナウイルスに皆さんで打ち勝っていきましょう。

本日の話題は、『実は難しいお葬式』についてお話していきます。

一度喪主を務められた方なら、そう感じる方もいると存じます。

なぜ、そう感じるんでしょうか。

理由を、3つあげさせていただきます。

1つ目は、時間がないということです。

大切な方が、お亡くなりになることは急に来ます。

そこから、葬儀社へ連絡してご葬儀のご相談やお通夜・告別式の日程などを決めていきます。

また、ご遺族やご親戚などにご連絡などもあります。

急に色々なことを判断し行動しなくてはいけなくなり、大変慌ただしくなります。

2つ目は、情報がないということです。

近年では、『終活』という言葉もあり以前よりはご葬儀に関することを調べやすくなりました。

しかし、日本は誰かに亡くなった後のお話や相談といったことをお話しすることは、あまり縁起の良くないことと考えられています。

また、ご相談できても詳しい話は出来ず残された方々で考えて欲しいと言われた結果、ご葬儀の状況で直面するといったこともあります。

3つ目は、精神的なストレスです。

大切な方を亡くす、これはご想像がつくと思いますが日頃できるはずの冷静な判断ができなくなる可能性があります。

これらのことから、お葬式とは難しいと感じられると存じます。

また、お葬式に対して不安な声も多くお聞きします。

不安な点や、ご不明な点を解決するために事前相談を進めております。

宗岡セレモニーでは、個別での事前相談はいつでも承っております。

是非、お気軽にご相談お問い合わせをお待ちしております。

PAGE TOP