ご葬儀後の法事の場所について

7月に入り、だいぶ暑くなってきました。

昨年同様、新型コロナウイルス予防のため外出時はマスク着用しなくてはならないため一層の熱中症に注意いきたいと思います。

本日は、「法事について」という内容で書かせていただきます。

お葬式後に、よく法事についてのご質問がございます。

その中でも、四十九日の法要はどこでやればいいですか?ということをよく質問されます。

菩提寺様があるご葬家様には、お寺様と相談していただきお寺の本堂をお借りするなどして執り行うことが可能とご案内いたしております。

紹介のお寺様で、ご葬儀されたご葬家にはご葬家様が紹介のお寺様を希望される場合は、お寺様と相談していただき紹介のお寺の本堂又はご自宅などで執り行うことが可能です。

もし、お寺の本堂や住宅事情によりご自宅できない場合は、宗岡セレモニーホールで法事法要を行うことは可能です。

よく、近くの公民館や町内会館などでやるという方がいらっしゃいますが、お勧め致しません。

それは、法事に必要な仏具の用意がないからです。

また、線香などの煙や香りが会館に残ってしまうので嫌がれる可能性が高いからです。

弊社では、宗岡セレモニーホール内に仏具などの道具は勿論、ご葬家の希望で法事後の会席の席もご用意可能でございます。

法事につきましては

弊社でご葬儀をしていないご葬家様にも宗岡セレモニーホールを貸し出しております。

自宅で、法事を執り行うとなると部屋の片づけや場所の確保といった準備で苦労すると思います。

また、新型コロナウイルスを流行しているため自宅に家族以外はあがってほしくないとお考えの方をいると存じます。

宗岡セレモニーホールでは、感染対策した上で必要な仏具や、会席用のお部屋に会席の料理の準備まですることが可能でございます。

法事の場所で、お悩みでしたらぜひ宗岡セレモニーホールをご検討下さい。

PAGE TOP