遺影写真にするお写真がないという方へ

本日は、遺影写真について書かせていただきます。

急な不幸があった際、打ち合わせの時に遺影写真を作成する原本の写真が必要になります。

その際に、遺影写真を作成する原本の写真がなかなか見つからないと相談を受けることがあります。

見つからない理由として、最も多いのが病院で長い入院のため、最近のお写真がないなどの理由があげられます。

遺影写真を作る時のお写真は、病気して入院する前や少し若い頃の写真でも構いません。

ご家族が、大切に思う故人様の人柄のわかるお写真であることが遺影写真を作る時には大事です。

また、ご自宅に故人様のお写真がない時は故人様と関係を密にされていた友人や職場の仲間がお写真をもっている場合もあります。

友人や職場の方から、お借りして作成するのも選択肢の一つだと思います。

遺影写真は、ご葬儀や法要の時や日頃仏壇に手を合わせるといった時に偲ぶ機会で使用されます。

急いでいるため、慌てて遺影用の原本の写真を探す場合もあると思います。

できれば、後々遺影写真として使うと頭の片隅に留めておき生前に用意したり、しっかり検討して後悔しないお写真を選んで下さい。

PAGE TOP