家族葬は、家族・親類以外の人を呼んではいけないのか?

答えは、ご家族以外の方を呼んでも構いません。

家族葬には、どこまでの範囲の方をお呼びするかは、特に決まりはありません。

生前、故人様と関係の深かった方やどうしても故人様を偲びたいと思う方は、ご家族や親類の方でなくてもご葬儀にお呼びすることは特に問題ありません。

また、家族葬だから少人数でやらなくてはならないというわけではありません。

最近、CMやインターネットなどの影響で❝家族葬❞という言葉が浸透してきました。

その結果、ご葬儀のご相談の際に家族葬を希望されるご家族様は増えてきています。

その際、多く聞かれる質問の中に『家族葬は、ご家族や親類以外呼んではいけないですか?』と聞かれます。

家族葬という言葉だけが、1人歩きしてしまいご家族だけでやる、身内だけでやる葬儀というイメージがついてしまったのかもしれません。

家族葬とは、定義はございません。

ただ、一般的にご家族・ご親族様というごく親しい方で送る通夜・告別式を行う葬儀として扱われています。

また、多く聞かれる質問の中で『家族葬でどこまでの親類を呼べばいいですか?』と聞かれます。

これは、ご家族様がご葬儀の規模の人数を何名と考えているかを決めていただくと、こちらも提案しやすくなります。

先ほども述べましたが、家族葬にはどこまでの範囲の方をお呼びするかは、特に決まりはありません。

そのため、ご家族様が近しいお身内だけで故人様を送りたい場合は、ご親族を呼ばなくても問題はありません。

その際は、ご葬儀前の段階でご逝去の連絡時に『ご葬儀は近親者のみで行う』と伝えることで理解して頂けると思います。

また、ご近所の方やご逝去を知った知人や友人がご葬儀に参列したいと希望し、連絡あった時などは『家族葬のため、一般参列者はご遠慮していただきたい』と伝えることで理解していただきご葬儀当日に急にご参列に来ることなく故人様と最期の時間を過ごすことができると思います。

ご葬儀の、参列した経験はあっても執り行う経験をされた方はそうはいません。

ご葬儀のことに関して、わからないことは当たり前です。

わからないことを、お気軽に相談できる葬儀社でありたいと宗岡セレモニーでは考えております。

ご不安やご相談、お気軽にお問合せください。

PAGE TOP