お葬式のマナー

葬儀に参列される方のマナーというか常識みたいなものが、少し変わってきているのかなと思います。

そのひとつに、写真があります。

カメラで撮るのではなく、携帯電話やスマートフォンなどで祭壇はおろか回りの方々、焼香中の方々と何でも映す方がおります。

葬儀社の方も写真は撮る方もおりますが、雰囲気がわかるような映し方をします。

先日もお棺の中にお別れの花を入れていたときに、携帯電話でお棺の中を撮り始めた方がいて、正直不愉快です。

お棺の中を映すには考え方はいろいろあるでしょうが、故人様を花に囲まれた状態とはいえ、その映像をどうするつもりでしょう。ご生前のお写真で十分ではありませんか。お葬式を思い出すためにでもつかうのでしょうか。

記録として残すと考えるのなら、お棺の中が必要でしょうか。

私は葬儀の写真を撮るのがダメとは申しません。

私も生花など頂いた方のお名前などの記録のために写真を撮り残しますが、式中の写真は撮りません。葬儀は儀式です。

お葬式に参列されましたときには、どうぞ皆様ご自分が写した写真の後先まで、深いご配慮ののちに行動されますことをお願いいたします。

PAGE TOP