病院などで亡くなられたときの預け先

今回は安置についてです。

葬儀業界の方じゃないと、安置と言ってもすぐにはわからないかも知れません。

安置とは病院などで亡くなった方をお預かりするところです。

最近は、住宅事情や家族間の考え方などにより、ご自宅に帰らない帰れないかたが増えたように思います。

家族の気持ちとしては、家に帰したいと思うのでしょうが、正直なところ夏のこの時期には十分な冷却ができません。

細身で高齢な女性の方などは10キロのドライアイスを乗せては気の毒なような気がいたします。

何よりドライアイスでは体の一部分のみの冷却となるため、傷みがでることもあります。完全な保身は難しいのです。

私は可能な限り冷蔵庫のある施設でのご安置をお勧めします。

当ホールでは冷蔵庫による安置設備が整っております。料金も一日当たりの料金がドライアイスと同じ料金でお預かりいたしております。

もし、病院などでご家族の方がお亡くなりになりましたときには、無理にお連れするのではなく適切な安置施設のあるところへ、預けるのもひとつの方法と思います。

PAGE TOP