供花

葬儀を経験された方でしたら、「供花」という単語はご存知と思われます。

この供花とは祭壇にその花を出された方のお名前が書かれた札をさして飾るものです。

価格は15,000円が多く、これに消費税が加算されます。

花は洋花・菊菊と洋花のミックスと言われるものになります。

この供花ですが、これをめぐり少し変化が出てきました。

変化とは

・供花を本人が花屋さんに直に頼み、当日祭壇を飾る花屋さんに飾ってもらう方

・どのぐらいの量の花を持って行けば良いのと電話をしてくる方

・花や札に身勝手な言いがかりをつけて、お金を払わない方

供花というものは、親族間であればお互いに頂いていたからとかの理由で出されることもあると思いますが、しかし、これは思いやりとかお互い様とかで成り立つ話です。

最近この親族間での供花をめぐっては変化があります。昔の話をしても仕方がないのですが、故人様が親のとき子供は供花を出しましたが、最近はどうして出さなければいけないのとの意見がでます。少し前まではこのようなことはありませんでした。

この供花ですが、外部から持ち込みますとまず花の種類がバラバラになります。

これは見た目にきれいではありません。そして持ち込み料がかかります。

供花はご家族の方か葬儀社へ申し込んでほしいものです。

PAGE TOP