お葬式の費用をつくる方法

お葬式の費用を用意する方法ですが、葬儀保険に加入することをおすすめします。

最近はお手頃な保険料の少額短期保険というものがあります。

元気なうちに保険に加入し、万が一の時にお葬式を保険で賄うというものです。

お葬式の費用は、

  • 火葬料や式場使用料・霊柩車などの「実費分」
  • 祭壇飾りや装具備品・ドライアイスなどの「葬儀代」
  • 香典を頂いた方にお返しをする「香典返し」
  • お通夜のときのお清めとされる「料理」と火葬のあとの「精進落とし」
  • お寺様への「お布施」または「宗教費用」

これらに分けることができます。

保険でこの全部を賄おうとすると、保険料が多くなりますので、せめて実費分と宗教費用の金額ぐらいを保険金で賄うことができれば、口座が凍結されて現金化できないとしても安心なのではないでしょうか。

(実費分と宗教費用はお葬式の日に必要ですが、他の費用はあとでの支払いができるのです。)

弊社はNP少額短期保険株式会社の代理店をいたしております。

この保険の保険金は継続2年目以降なら請求の翌日には入金されます。

お葬式の費用の一部に役立てていただければ良いのですが・・・・。

 

PAGE TOP